top

PUBLIC ARCHTECTURE

・2016 ナボタス避難ビル(フィリピン)
・2014 湘南キリスト教会(神奈川)
・2013 LAPIN(山梨)
・2010 代々木のオフィスビル(東京)
・2009 ほうとう不動(山梨)
・2010 本郷台チャーチスクール 保育園

PRIVATE HOUSE

・2019 LOVE2 HOUSE(東京)
・2017 小机の家(横浜)
・2016 バルコニーハウス(東京)
・2014 名古屋のコートハウス(名古屋)
・2014 HOUSE 119(神奈川)
・2014 スパイダーハウス(神奈川)
・2014 くねくねハウス(東京)
・2013 LAPIN(山梨)
・2012 屏風ヶ浦の家(横浜)
・2011 DAYLIGHT HOUSE(横浜)
・2011 川口邸(山梨)
・2010 ROOM ROOM(東京)
・2010 INSIDE OUT(東京)
・2009 屋内の家 + 屋外の家(東京)
・2008 水戸の住宅
・2007 屋内と屋外の家(横浜)
・2006 アクリルの家(山梨)
・2005 LOVE HOUSE(横浜)
・2005 LOVE HOUSE & MOON
・2005 毛利邸(横浜)
・2004 湧水パビリオン(静岡)

展覧会 会場構成 家具プロダクト

・2019 春霞(会場構成)
・2013 Ku u so u(展覧会)
・2011 FOREST OF SKETCH
・2013 moon chair(家具)
・2011 ガラステーブル(家具)
・2011 tsumami(プロダクト)

WORKS OF SPEED STUDIO
1999-2004

・2004 保坂邸(山梨)
・2003 3階建ての集合住宅(神奈川)
・2002 茅ヶ崎の家(神奈川)
・2001 葉山の別荘(神奈川)

DAYLIGHT HOUSE

横浜の住宅 DAYLIGHT HOUSE
所在地:神奈川県横浜市 用途:住宅 規模:85m2

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

daylighthouse

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

DAYLIGHT HOUSE

daylighthouse

daylighthouse



daylighthouse
daylighthouse


空からの自然光の下で生活する住宅。
敷地は桜木町駅からほど近く、周辺には戸建住宅や高層マンション、事務所ビルなどが高密度に建っている。さらに敷地の地盤面が前面道路から約3m下がっており、文字通りビルの谷底のようであった。冬の正午頃、地盤面に直射日光は無く、真上からの天空光ですらかけがえのないものに感じられた。この上からの光を拠り所に、夫婦と子供2人が住む住宅を計画した。 建物の構成は、天井の高い平屋のワンルームとし、どの部屋に居ても天井全体の広がりや表情を感じられるよう、天井高の半分程の高さの建具や家具により寝室、子供室、書斎などを仕切っている。
透明なトップライトだけでは、周囲の高層ビルから室内が丸見えとなってしまうことから、トップライトの下に天井を貼ることは最初から決めていたのだが、ダイレクトに見る空よりも、むしろ繊細に空の変化や表情を感じられるような天井をつくることで、屋外の表情を豊かに感じられる屋内をつくりたいと考えた。天井は白いアクリル板によるヴォールトとし、ガラスのトップライトから取り込んだ光や空の表情を、柔らかな表情に変換して天井面に投影している。また、モルタルの床やラーチ合板の壁といった物質とともに、確かに見えている具象的な白いアクリル面が、あたかも押縁が無いかのようなディテールの処理により、その具象的な存在性を消し、光や表情だけが室内の上方に現れているかのような抽象性を獲得している。 各部屋には腰高の位置に900mmx700mmの窓を設け、家全体で人間の居住域の通風ができるようにした。また、アクリル天井裏の空気層を利用し、夏期は太陽光による熱気を強制換気により建物外へ排出し、冬期は空気層による熱的バッファーを形成し、室内の熱環境を安定させている。
建物の中に入ると、ビルの谷底のような敷地であることが信じられないくらい、空からの光は十分に豊かなものとなった。この住宅は「Daylight House」と名付けた。Daylightとは、太陽光だけでなく、1日を通して様々に変化する光という意味である。たとえば、夜が明ける際の空色の変化、すっかり明るくなった空、直射日光が差す時間帯、雲の動きによる太陽の陰り、日が落ちる時間帯の空色、月光、等々。照明を消して夜寝るとき、天井から夜空を感じるというのも、この住宅の日常となった。24時間の空の変化を、天井面に投影させることで、屋内に居ながら屋外の自然の変化をいつも感じることのできる住宅である。

・Photo:Koji Fujii Nacasa&Partners Inc
・構造:オーノJAPAN 大野博史
・サイン:小島寛子
・掲載:新建築住宅特集2012年3月号、THE ARCHITECTURAL REVIEW 2011.AUG
・受賞:JIA新人賞、神奈川建築コンクール優秀賞、AR House Award 2011


作品集にもどる